スポンサーリンク

清水寺のこと

京都府京都市東山区清水にある寺院。

 

『清水寺』は
シーズン時などには旅行客がたくさん訪れ、
また、中学校や高校などの修学旅行先にも
多く親しまれています。

清水寺へのアクセス

清水寺へのアクセスについて
書いてみます。

 

まずバスを利用する方へバス停など
簡単にまとめました。

 

①JR京都駅を下車→市バス→
『五条坂』『東山五条』どちらか下車し
徒歩10分。

 

②京阪電鉄『祇園四条駅』を下車→
市バス→『清水道』『五条坂』どちらか
下車し徒歩10分。

 

③京阪電鉄『七条駅』を下車→市バス
→『清水寺祇園』『五条坂』どちらか
下車し徒歩10分。

 

④京阪電鉄『清水五条駅』を下車→
徒歩で約25分。

最寄り駅は
京阪電鉄『清水五条』駅
京阪電鉄『七条』駅

 

▼早朝から東山周辺を散策したいと
いう方や、足腰に自信がある方には
【京阪電鉄・七条駅】をおすすめします。

 

こちらは清水寺まで約2kmほどの距離が
あり、徒歩で約30分と多少歩くことに
なります。

 

歩くルート先に、
*国宝重要文化財【三十三間堂】
*国宝貯蔵重要文化財【智積院】
*豊臣秀吉を祀る【護国神社】
など、清水寺に向かう途中には
いくつもの名高い神社仏閣が広く存在し
ており、せっかく訪れたからには
是非とも立ち寄りたい場所です。

 

②に関して詳しく
バス停【清水道】からは
清水寺へは時間にして11分程で到着。

 

松原通りからのアクセスです。

 

五条坂よりもやや急な上り坂となり
ます。

 

バス進行方向に進み右折します。

 

*遠回りをすると二年坂、三年坂を
通って、参道に入ることが出来ます。
時間として20分程です。

バス停【五条坂】からは
清水寺へは時間にして13分程で到着。

 

松原通りからのアクセスです。

 

緩やかな上り坂となります。

 

途中右折しますが、
清水焼のふるさと清水新道(茶碗坂)
がやや近道となります。

 

 

■タクシーを利用
京都駅から清水寺までタクシーを
利用すると15分くらいで到着します。

 

シーズンでは乗車料金が高めになると
予想されますし交通渋滞で到着が遅れ
る場合もありますので、
事前に確認することをおすすめします。

 

中型車:1,260円
小型車:1,170円

歩くのは疲れて嫌だという方には
観光タクシーが良いでしょう。

清水寺の拝観料

■拝観・開館時間
:6時~18時

 

■見学所要時間
:約40分

 

■料金
一部施設(本堂 舞台)
大人:400円
大学生/高校生:400円
中学生/小学生:200円
*団体割引無し
*障害者予約無料

 

■休日・休館
:年中無休
となります。

清水寺で人気のお土産

清水寺を訪れたらやはり清水寺
ならではなレアものを
おみやげに選んでみては?

 

 

観光客や修学旅行で大人気のお土産と
は?

 

*八ツ橋・生八ツ橋
超有名な京都のお土産!定番中の定番
一箱にたくさん八ツ橋・生八ツ橋が
入ってます。
八ツ橋・生八ツ橋と言えばやっぱり京都!

 

*あぶらとり紙
京都には安価で良質なあぶらとり紙
が多く販売されてます。

 

*キーホルダー
定番のキーホルダーは清水の舞台が
型取られたものもあるようです。

 

*お守り
お参りの定番。特に清水寺の北側に
ある『地主神社』は縁結びの神社とし
てとても有名。

 

*ストラップ
京都栄山堂の八ツ橋が3つ連なった
ストラップはユニークで可愛いです。

 

*清水焼
京都伝統工芸の一つ清水焼。
色彩豊かで思わず色ち買いして
しまいます。

 

*七味唐辛子
唐辛子の辛さ以上に山椒の香りが
特徴的で際立ちます。

 

*清水わくわくサイダー
『清水順正おかべ屋』で販売されてる
隠れた人気商品。兄弟姉妹などに喜ばれ
るかも!?

簡単にまとめてみました。
お土産を選ぶのも楽しみの一つです
ね♪

清水寺で御朱印を戴く

清水寺で御朱印を貰える4箇所の場所
をご紹介します。

 

①本堂東側の清水の舞台奥にある
『納経所』②本堂北東にある『阿弥陀堂』
③阿弥陀堂隣り『奥の院』
④本堂東側(本堂下)の『音羽の滝の
売店 滝の堂』

 

清水寺で貰うことが出来る御朱印は
上記の各お堂と地主神社のものも
含めると全部で10種類あります。

 

また期間限定の御朱印もあり、
成就院では特別一般公開期間中にだけ
御朱印が授与されます。

清水寺の歴史について

778年、
奈良時代から始まった宗派の僧侶が夢で
『木津川の北流に清泉を求めて行け』
とお告げを受けて翌日、早速その清泉を
求め山に入ったということが
記録に残っています。

 

僧侶の名前は
『延鎮上人(えんちんしょうにん)』。

 

山とされるのが音羽山。

 

山麓には滝があり『見つけたぞ!』と
その付近に住居を構えます。

 

その際、偶然出会った修行僧に
『観音霊地を守護するように』と言われて以降、
その地を守り始めたと言われてます。

 

修行僧は『行叡居士(ぎょうえいこじ)』
と言い、不思議なことに修行僧は、
話が終わったと同時にふっと消えたそうです。

780年、
ある日『坂上田村麻呂』が鹿を
捕まえるため山に入ります。

 

鹿を探すうちに綺麗な美しい水を
見つけます。

 

その水源を探し求めているところで
延鎮上人と出会ったのです。

 

延鎮上人は坂上田村麻呂に対し、
『殺生はいけませんよ』と教え、
その教えに感銘を受けた坂上田村麻呂は
滝の近くにお堂を建てたことが現在の
清水寺の始まりと言われています。

 

これが清水寺の歴史だそうです。

 

 

清水寺が特に混む桜や紅葉シーズン
を避けたいならば、

 

*2月~3月
*6月~7月
*7月~8月上旬
*12月中旬~12月下旬

 

が比較的空いているそうです。

 

 

清水寺で観光を満喫し、
ゆったりのんびり過ごしたいと思ったら
時期を選んで行くのも
良いでしょう。

 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

スポンサーリンク
レジャー・観光の関連記事
  • よみうりランドの料金・アクセス・割引・イルミネーション・アトラクション
  • 清水寺へのアクセス・拝観料・お土産・御朱印・歴史
  • 鈴鹿サーキットの遊園地・イベント・駐車場・割引・料金
  • 白川郷へのアクセス・天気・駐車場・ライブカメラ・ライトアップ
おすすめの記事